« ご来場ありがとうございました | トップページ | コミックマーケット79落選 »

2010年8月17日 (火)

ルールとリプレイの関係

前回のエントリーで凄い数のアクセスがあったことに驚いております。
あらかじめ言っておきますが、私は昨日のエントリーで「リプレイは必要ない」とも「リプレイを買うな」とも「リプレイを読むな」とも一言も言っておりません。
現在のTRPG業界の売り上げを牽引しているのはリプレイ作品でありますし、コミケに於いてもリプレイ中心に買っている参加者が多いのは否定し得ない事実であります。
だから前回のエントリーで「ルールブックは買わないがリプレイを買う人はいる」と申し上げましたし、それを否定する気もありません。
リプレイが買いたい人はリプレイを買えばよいのです。
私が申し上げたいのは、「リプレイはルールがあってこそのものである」ということでして、ルールのないリプレイというのは存在し得ない(少なくとも私は見たことがない)ということであります。
たとえば、河嶋陶一郎先生の「サイコロ・フィクション」シリーズですが、あれは本がリプレイパートのあとにルールパートで記述されております。
たとえば、「ご近所メルヒェンRPGピーカーブー」のルールパートはわりかしページ量が少ない方(しかも読みやすい)ですので、先にルールパートを読んでも何ら問題はなかったりします。


さて、ルールブックとリプレイの違いを見てみますと、ルールブックにはルールは書いてありますが、実際のプレイの実例は書いてないということが多いのです。
これは特に文庫のルールブックで顕著でありまして、ルールブックはルールだけ、プレイに実例はリプレイで、というやり方が圧倒的に多い。
たとえば「アリアンロッドRPG」のルールブックでは、セッションの進行方法がゲームマスターセクションに書いてありますが、実際のセッションのやり方が書いてある訳ではないのです。
そして、リプレイにはプレイの実例が書いてありますが、ルールは書いてない。
つまり、互いに必要なものを補っていると考えることもできる訳です。


理想的なのは先の「ピーカーブー」や「深淵第2版」のように、ルールブックにリプレイが付属していて、ゲームの理解を助ける役割を果たしていることなのですが、リプレイの分量が長くなることも多いのでなかなか一緒にすることもいかず、リプレイは別売りとなっているというのが現状であります。


私はリプレイのどこが面白いのか?というのを未だ見つけられておりませんが、世の中にはリプレイが面白いという人が多数おりまして、そういう人達が喜び勇んでリプレイを買っていっているのですから、それはそれで結構なことだとは思います。
今回は結論もオチもありませんがこの辺で。

|

« ご来場ありがとうございました | トップページ | コミックマーケット79落選 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124829/49168440

この記事へのトラックバック一覧です: ルールとリプレイの関係:

« ご来場ありがとうございました | トップページ | コミックマーケット79落選 »