« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月24日 (水)

TRPGは自己満足でできている

「自分自身に、または自分の言動に、自分で満足すること」を「自己満足」と言います。
この「自己満足を満たす」ために行動することが、TRPGにも当てはまります。

TRPGにおける「自己満足」とはなんでしょうか?

  • 自分のキャラクターを作る

  • 自分のキャラクターがセッションで活躍する

  • 自分のキャラクターが、他のクリーチャーに多くの影響を与える

  • 自分のキャラクターが多くの経験点を得る

  • 自分のシナリオを発表する

  • 自分のマスターリングが無事に成功する
  • 「自分の」が冠名のように付いていますが、自己満足なのだから付いていていいのです。
    自分のキャラクターを作るのは、システム構造に沿った自分の分身を作り上げることなので、自己満足の最初の一歩と言えます。
    現在のコンベンションでもたまーに見受けられる、プレロールドキャラクターやクイックスタートを嫌うプレイヤーは、この最初の自己満足を強く欲する典型と言えます。

    キャラクターがセッションで活躍すると、プレイヤーは活躍の度合いに応じて満足感を得るようになります。
    これはプレイヤーによってまちまちではありますが、うまく事が進めば、プレイヤーたちが自分の満足の形を共有し始めるようになります。
    そして、更なる満足を目指して、協力してゲームを進めるようになります。
    TRPGのセッションは、プレイヤー同士の自己満足の共有と、ゲームマスターの自己犠牲の上に成り立っています。

    セッションの終了は、プレイヤーとゲームマスターに共通の満足感を与えます。
    ところが、「セッションの成功」と「プレイヤーの自己満足の充足」はイコールではないのです。
    ダイス運が悪かった、キャラクターが死んでしまった、期待していた活躍ができなかった、などで、プレイヤーの満足が満たされないこともあるのです。
    満たされなかった部分は、時として反転し、「不満」という形で表されることがあります。

    あと、自分の自己満足を「共有」するのではなく、他のプレイヤーやゲームマスターに「強要」するプレイヤー(「俺様は強いんだからみんな俺様に従え!」とか)や、ゲームマスターは自己満足してもプレイヤーが満足しなかったり(「吟遊詩人マスター」?)…。
    プレイヤーが「自己満足」を満たすために取る行動は様々です。
    まぁ、こうしてブログを書く行為自体も、筆者の「考えを見てもらいたい」という欲求を満たすためなのですが。

    |

    2009年6月 5日 (金)

    コミックマーケット76落選

    そういうことです。
    原稿は全部出来上がっていたんですが、こればっかりはどうしようもありません。
    冬まで夏休みです。

    |

    2009年6月 3日 (水)

    FEARから返事が来ました

    昨日のエントリーへのFEARからの回答が来ました。




    stealth様

    日頃、弊社のTRPGを遊んでいただきありがとうございます。

    さて、メールでお送りいただいた二次著作物についてのご質問ですが、弊社内で検討の結果、サポートの一環として、ウェブサイト上に「よくある質問と回答」のページを設け、そちらで公開、ご質問にお答えすることにいたしました。
    ご指摘ありがとうございました。
    今後とも弊社、ならびに弊社製品をよろしくお願いいたします。


    ---------------------------------
    (有)ファーイースト・アミューズメント・リサーチ
       中島純一郎


    だそうです。
    現時点ではFEAR社サイトに変化は見られませんが、今後の更新で反映されることでしょう。
    ご回答頂きました中島社長に深く感謝いたします。
    誠にありがとうございました。

    |

    2009年6月 2日 (火)

    FEARにメールしてみた

    たった今、FEARにメールを送りました。



    有限会社ファーイースト・アミューズメント・リサーチ様

    御社ご盛業のことをお喜び申し上げます。
    先日、「ガンメタル・ブレイズ」をプレイする機会があり、ゲームの面白さに敬服した次第であります。

    今回メールいたしましたのは、御社がwebサイトにて提示されております「同人誌等、二次著作物についての注意とお知らせ」(http://www.fear.co.jp/niji.htm)の規約の内容につきまして、かねてより解釈に苦しむ部分がありましたので、御社の見解を賜りたく思ってのことです。

    >1.著作権の明記
    > 同人誌の奥付に当たる部分、またはウェブサイトのトップページに、以下の内容を明記してください。
    >「(該当する著作物名を明記)は有限会社ファーイースト・アミューズメント・リサーチの著作物です」

    これについてでですが、これは単に御社著作物のタイトルを記載するだけでも明記が必要なのでしょうか?
    文化庁の見解では(http://bushclover.nime.ac.jp/c-edu/answer.asp?Q_ID=0000089)、法律的には、「題号」は著作権で保護されるものではないということですが、御社の規約はこの見解に準拠するものなのでしょうか?

    これは基本的な質問ではありますが、御社が規約の中で
    >6.ペナルティー
    > 以上1.~5.までの条件を満たさないまま、該当著作物の複写複製を行った場合、法律で認められた権利に基づいてペナルティーを課する場合もあります。十分に注意してください。
    と規定されておりますので、「御社作品タイトルを記載するだけでも著作物表記をしなければペナルティーの対象になる可能性がある」ことも考えられるからです。

    なお、このメールおよび御社からのお返事は、インターネット上にて公開させて頂きますので、ご承知置き下さい。

    御社のご回答をお待ち申し上げます。



    あとは返事を待ちます。

    |

    « 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »