« ルールブックを買う判断基準 | トップページ | サイト開設10周年 »

2009年1月30日 (金)

DMG4thとくいっくすたーと(修正)

Dmg4th
今日、近所のイエローサブマリン溝の口店にD&D4thダンジョンマスターズガイドを買いにいったら、「まだ入荷していない」との事でした。
仕方ないので買いそびれていたRole&Rollだけ買って、南武線で移動。
そのあと寄った川崎店ではしっかりと入荷していました。
YSのブログでは秋葉原や新宿では昨日入荷と報じられておりますので、これはなんでしょうか、溝の口店はRPG製品を放置プレイでもされているのでしょうかと川崎の店員様に(大人の言葉で)言ってみたのでした。
さて、川崎店のレジに偶然「くいっくすたーと」が置いてあったので、せっかくだから「それも下さい」と言ったところ、まだバーコードの準備ができていないと数分待たされました。どうやら入荷直後だったようです。

Dscf0558

まずDMG4thですが、なんか薄くなったなぁと感じて、実際にDMG3.5とページ数を計ってみましたら、3.5は322ページに対して4thは226ページと大幅に軽量化されておりまして驚きました(ちなみにPHB3.5は322ページ、4thは320ページ)。
それだけDMの負担が減ったという事なのかもですが、逆を言えばプレイヤーにパワーの管理と言う新しい仕事ができたので相応分なのかもしれません。
これからじっくり読んでいきます。

3638

で、せっかくだから買った「くいっくすたーと」ですが、これはどうやら「ゲーマーズ・フィールド」(ゲーマーズ・フィールドは有限会社ファーイースト・アミューズメント・リサーチおよび有限会社ゲーム・フィールドの著作物です)に連載されていた漫画らしいのですが、私が「ゲーマーズ・フィールド」(ゲーマーズ・フィールドは有限会社ファーイースト・アミューズメント・リサーチおよび有限会社ゲーム・フィールドの著作物です)を買っていたのはもう8年くらい前の話なので、そんな連載があった事すら知りませんでした。
一通り読んでみましたが、女子校でTRPGを遊ぶという、まぁよくある題材なのですが、さすが「ゲーマーズ・フィールド」(ゲーマーズ・フィールドは有限会社ファーイースト・アミューズメント・リサーチおよび有限会社ゲーム・フィールドの著作物です)に載っているだけあって中身は複数のFEAR製品を遊んでいる事を前提にして描かれておりますので、元のルールを知らないと意味がよくわからないような作りになっているのはさすがです。
実際、私は17ページまでしか楽しめませんでした(現時点では)。
あと、帯の表と裏の落差が激しいのは何とかならなかったのでしょうか?
「TRPGは楽しいです」という宣伝文句は多分嘘じゃないとは思いますが、この中身ではどう楽しいのかがよくわからないような感じがするのですがどうでしょうか。
そう言えば、何回か前のコミケでこの作品のエロパロ同人誌を出していたサークルがあったのを思い出したんですがあれはFEAR的にOKだったんでしょうか?
ちょっと気になりました。

ちなみに、「女子校でTRPG」があるなら当然「男子校でTRPG」もある訳でして、あの秋口ぎぐる先生の「ひと夏の経験値」の主要登場人物がみんな男子校なんですな。
対照的に読んでみても面白いかと思います。

どうでも良いですがtvkの小林咲夏アナウンサーもなかなかいい感じです。やっぱり一番は尾辻舞さんですが。

|

« ルールブックを買う判断基準 | トップページ | サイト開設10周年 »