« ブースに来たお客様の対応について | トップページ | 深淵:領地の守り神 »

2008年2月 2日 (土)

深淵第2版買いました

ゲームマーケット2008への参戦が確定しました。
公式サイトではまだ更新がありませんが、後日サークル紹介や配置が発表されるとのことなので、当日に向けてご注目頂きたいと思います。

2_3
待ちに待った「深淵第2版」が発売になりました。
イエローサブマリンでは前日入荷で売り切れと言う店もあったとかで(自分が行った川崎店ではそうだった)、自分はラゾーナ川崎の丸善で確保しました。
一通り読んでみましたが、ルールの骨格の部分は第1版と代わっていません。
変更された部分もコラムでまとめられていますので、容易に対応できるようになっています。
また、以前出たサプリメントはほとんどそのまま使用できるようになっているので、どっかの会社のゲームのように「版上げされたからサプリメント買い直し」のようなことはなくて安心。

本文は、表紙とテンプレート以外にはイラストは全くなく(テンプレートのイラストは全て銀龍亭異聞と同じ)、とにかく文章を詰め込んだと言う感じですが、第1版にあったような読みづらさは感じません。
(第1版のときは、重要なルールをカラーマーカーで色をつけていた記憶があるんです…)
収録テンプレートは16種類。

  • 歩兵

  • 弓兵

  • 傭兵

  • 騎士

  • 盗賊

  • 吟遊詩人

  • 踊り娘

  • 少年

  • 白馬を連れた娘

  • 夢占い師

  • 司祭(プラージュ)

  • 翼人の魔道師

  • 戦車の魔道師

  • 野槌のまじない師(幻術師)

  • 原蛇の魔道師(召喚者)

  • 奇妙な旅人

  • 戦闘系5人、一般ピープル(?)4人、魔道師系6人、その他1人と言う陣容。
    第1版で人気の高かった、騎兵、黒剣の魔道師、青龍の魔道師が外れたのは意外ですが、ギュラニン党の暗殺者「死せる魂の守護者」の6の位のようなどうやって遊べばいいんじゃー!?というテンプレートも載っていないので、とりあえずは普通に遊べそうな、またはそんなに難しくないテンプレートばかりそろえられています。
    しかし、各テンプレートは「銀龍亭異聞」のものとはいろいろデータ(運命とか)が違っているので、プレイ前にどっちのデータを使うか?の確認が必要かもしれません。
    ちなみに今回、翼人の魔道師(の呪文)がルール変更されており、凶眼で睨まれると即死するという凶悪な仕様となっておりますのでGMの皆様はご注意頂きたいと思います。

    基本的な判定方法は変わっておらず、6面体2つ+修正値+必要に応じてカードや推定寿命というもの。
    作業判定、カード判定、縁故のルールも健在。
    アクションシーンは微妙に代わっており、武器での防御値が「値分のダメージカードを捨てる」から「防御分の肉体ダメージを吸収する」になりました。
    また鎧での防御で、「手札を1枚捨ててダメージカードを1枚打ち消す」がなくなりました。
    「長い」と言われていた戦闘シーンを短くする対策なのですが、重要なので気をつけて下さい。

    大きく代わったのは「運命」「魔族」「運命カード」の3点。
    「運命」は使いにくい運命が差し変わった上で、カードナンバーや語り部とのマッチングが取られたため、同じ運命でもナンバーが変わっていたり詳細が変更されていたりするので、要注意です。
    例えば第1版の運命1番「魔剣」は第2版では27番に移動しています。
    「魔族」は「モールの魔道書緑色写本」になり、新しい魔族が追加されたり、名前が違っていたりと、時代による変容が生じた設定となっています。
    風虎の魔族「雷鳴の猟犬スパンダルキー」は「雷の大公メア・ゴーン」の下僕になってしまいましたが、こいつを勝手に召喚するテンプレート「薄幸の少女」はどうなってしまうのでしょうか?
    Dscf0074

    最大の変更点は「運命カード」です。
    第1版のものと違い、モノクロになり小型化しました。
    巻末にあるので92枚切り離さなきゃいけないんですが、これが結構気を使いました。
    下手に破り目を作ると何のカードか分かってしまうので…。
    切れ目は入っていますが、不安な方ははさみで切ると良いでしょう。
    92枚ありますが、カードが小さく薄くなったので、収納にはトレーディングカードのデッキケース(60枚くらい入るヤツね)が使えます。
    ただ、「血のごとく赤き」の赤札を混ぜて使うことは出来なくなりましたが…。
    レイアウトは裏表とも全く新しくなりました。
    中身ですが、作業判定の項目がなくなりました。
    ダメージは物理ダメージが増えているので、防御ルールの変更と合わせて戦闘がよりデッドリーになりました。
    あと、「語り部」のフォントがちょっと読みにくい。
    雰囲気重視なんだろうけど、文字が小さい分、もっと読みやすいフォントにして欲しかったです。


    血が一滴、したたった。
    無明の闇から、
    今、何かが誕生し、
    世界に波紋をもたらしていく。



    まだの方は、どうか是非、お手に取っていただきたいと思います。

    |

    « ブースに来たお客様の対応について | トップページ | 深淵:領地の守り神 »

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124829/17932142

    この記事へのトラックバック一覧です: 深淵第2版買いました:

    « ブースに来たお客様の対応について | トップページ | 深淵:領地の守り神 »