« 昔のサークルの苦労話一つ | トップページ | 深淵第2版買いました »

2008年1月24日 (木)

ブースに来たお客様の対応について

まず、今回はmixiの某コミュニティにあった投稿をご覧頂きたい。


昨年末、運良く冬の大祭に遊びにいくことができました。
やはり最大規模イベントだけに、TRPGのサークルも多いんですよね♪


さて、その時に気付いたことがいくつか。
女性の売り子さん、増えましたねー♪
もともと『看板娘』が売り子をしていることが多いですけど、コスをしたり可愛い声で呼び込みしたり。
ええ、女の私でもクラッとしたし……ただし、彼女らが意図したのとはたぶん逆の方向に。


張り切るのは分かります。鼻に掛かる甘い声も良いでしょう。
でも「ありがとうございました〜」と文字で書けないほどのキャバクラ接客は、ちょっと危険かもしれないよ?
ふわふわミニスカートに生脚で深々とお辞儀は、『丁寧』ではないんだよ?


彼女らも、サークル内で性差被害を受けることがあるかもしれない。
でも「相手が悪い!」の一辺倒じゃなく、「自衛」も必要なんだよ、と説諭したくなりました。


また逆に。
女性売り子さんに甘えて、内容をしっかりと見せてもらっていたら。
隣に来た、全然知らない男性客がブツブツと聞こえるように独り言を開始。
ああ…まえに友人(♀)が言っていた「いかにもアピールしている独り言」って、これか!

売り子さん。一人にして逃げてしまってゴメンナサイ。
トランのコスをしている貴女と本当はゆっくり話したかった!
でも恐かったんです、独り言男性が。


結局は、性差がどうこうより、個人のモラルが大切なんだなぁと再確認。
読んで気分を害した方がいたら、ごめんなさい。
「私は、そんなつもりで男性に接してない!」とか。
「独り言はクセなんだ、自意識過剰な!」とか。
たぶん十代・二十代の頃の私なら、そう反論してます。
でもそう考えていた私は、その頃に色々と痛い目に遭いました。
久々に大きな集まりでその事に気付いてしまったので、覚書的に愚痴愚痴と。


この投稿。
「女性売り子さんに甘えて〜」より下の部分。
まさかと思い、投稿された方に直接コンタクトを取ったところ、トラン(某文庫ファンタジーRPGリプレイのキャラクター)のコスプレをしていた女性の売り子がいたこと、そして売られていた本のタイトルを挙げられたことから、こりゃウチのサークルじゃねぇかと驚愕してしまったのである。
さしあたり、投稿主さんにお詫びをしたのではあるが。

まず、ウチのサークルは活動内容上、「ちょっと変」な人が多いと言うことは、否定できない事実である。
しかし、それ以上に、フツーの人も多いし、意外に思うかもしれないが女性読者も少なくない(売り子に女性がいるのはこのための配慮である)。
投稿主様には「運が悪かった」とか「悪い虫に刺された」と言って逃げることも出来るのではあるが、こうして苦情が出た以上、サークル参加者としても看破せねばならない。

そこで、サークル参加者としては、まことに心苦しいお願いをしなければいけない。

ブース前で立ち読みをされている際に、お隣の参加者やサークルに不快感を与えるような行動・言動は慎むようにお願い申し上げます。
お気に障る点がありましたら、直ちにサークルの売り子にお伝え下さい。
できる限り対応させていただきます。

正直なところ、実際の客がどんな反応をして、どんな行為が不快なのかを判断するのは非常に難しい。
ウチのブースだと、本を数ページめくって笑う人と言うのが多いので。
だから、対処しきれないかもしれない。
だが、ブースに来た全員に気持ちよく本を買ってもらえるように努力すること。
それは必要だと思う。

何か具体的な対策はないものだろうか?
同人誌即売会でサークル参加されている他の皆様の、ご意見を拝聴したいと思います。
よろしくお願いいたします。

|

« 昔のサークルの苦労話一つ | トップページ | 深淵第2版買いました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124829/17820647

この記事へのトラックバック一覧です: ブースに来たお客様の対応について:

« 昔のサークルの苦労話一つ | トップページ | 深淵第2版買いました »