« サークルの情報管理について | トップページ | Dungeons&Dragons Deluxe Dice »

2007年4月 7日 (土)

殴りあうRPG

殴り合う卓上RPG論

15年ちょい前、都内のコンベンションで、プレイスタイルの相違(と言うか上級者同士の高圧的な発言)によりリアルの殴り合いが起きた事を知っているので、これはちょっと笑えない話である。

コミュニケーション上で「殴りあう」ためには、前提となるゲームシステムが、キャラクター同士で「殴りあう」ことを容認している必要がある、と思うのです。
キャラクター間の対立、PCとPCの殴りあい殺し合いが容認されているシステムは少ない。
例を挙げれば深淵とか●◎●●とか。
あと、プレイヤーに心の余裕が必要。
これ大事。
「キャラクター間で協力して問題を解決する」ことが前提のシステムでは、殴りあう事は難しいと思うのです。
一方的に殴りつけて、相手は逃げるか死に体になるかのどっちかになるんじゃないかと。

明日ゲームマーケットでお待ちしております。

|

« サークルの情報管理について | トップページ | Dungeons&Dragons Deluxe Dice »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124829/14594296

この記事へのトラックバック一覧です: 殴りあうRPG:

» 高圧的なのは、殺し合うコミュニケーション [卓上RPGを考える]
stealthさんからいただいたトラックバックへのお返事です。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 9日 (月) 22時50分

» PCが殴りあうこと [黒猫的幻想くーかん]
2D6で1:殴りあうRPG 殴りあうコミュニケーションとPC間の殴り合いの話です。 (「殴りあうコミュニケーション」についてはトラックバックを辿って確認してください。) >コミュニケーション上で「殴りあう」ためには、前提となるゲームシステムが、キャラクター...... [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 03時08分

« サークルの情報管理について | トップページ | Dungeons&Dragons Deluxe Dice »