« 伝説は語り継がれる | トップページ | 用語集 »

2006年1月31日 (火)

「高貴なる行いの書」買いました

例によって溝の口のイエローサブマリンには入荷していないので川崎のイエローサブマリンへ。
boed
「不浄なる暗黒の書」が徹底的に悪いことを書いたのに対し、こちらは徹底的に善なることに付いて紹介されている。
最初に「善の性質」。
D&Dで「善」とされる行いについて一通り書かれているのだが、「他者を助ける」「慈善」「治癒」「自己犠牲」「善の神々を崇拝する」「善の呪文の発動」「慈悲」「寛容」「希望を与える」「悪を改心させる」などなど。
この章を読むだけで、D&Dの「善」が、実は「悪」と同じくらいに凶悪であることが分かるかもしれない?
他には「選択ルール」「高貴なる装備品」「高貴なる特技」「高貴なる上級クラス」「魔法」「善のモンスター」などなどで、特に選択ルールと特技、魔法を取り入れると相当に精練で強いキャラクターになるだろう。
ただし、この本は一神教の世界の人たちが書いたものなので、八百万の國の人たちが読むと違和感を感じるかもしれない。
まー「不浄なる暗黒の書」と対極で使えって書いてあるから、そうすれば善と悪の対立姿勢が強くなって面白いのかもしれない。
2月に再販予定だって言うから買ってみるか。

※同時に「キャンペーンマップパック:村」を買った。
開封したらバラバラになるので、梱包手段を考えなければ。

※夏の本をどうするか大詰め中。
最終的に一つになるが、書きたいネタが2つも出たのでどっちか悩むところ。

|

« 伝説は語り継がれる | トップページ | 用語集 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124829/8440030

この記事へのトラックバック一覧です: 「高貴なる行いの書」買いました:

« 伝説は語り継がれる | トップページ | 用語集 »