« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

「高貴なる行いの書」買いました

例によって溝の口のイエローサブマリンには入荷していないので川崎のイエローサブマリンへ。
boed
「不浄なる暗黒の書」が徹底的に悪いことを書いたのに対し、こちらは徹底的に善なることに付いて紹介されている。
最初に「善の性質」。
D&Dで「善」とされる行いについて一通り書かれているのだが、「他者を助ける」「慈善」「治癒」「自己犠牲」「善の神々を崇拝する」「善の呪文の発動」「慈悲」「寛容」「希望を与える」「悪を改心させる」などなど。
この章を読むだけで、D&Dの「善」が、実は「悪」と同じくらいに凶悪であることが分かるかもしれない?
他には「選択ルール」「高貴なる装備品」「高貴なる特技」「高貴なる上級クラス」「魔法」「善のモンスター」などなどで、特に選択ルールと特技、魔法を取り入れると相当に精練で強いキャラクターになるだろう。
ただし、この本は一神教の世界の人たちが書いたものなので、八百万の國の人たちが読むと違和感を感じるかもしれない。
まー「不浄なる暗黒の書」と対極で使えって書いてあるから、そうすれば善と悪の対立姿勢が強くなって面白いのかもしれない。
2月に再販予定だって言うから買ってみるか。

※同時に「キャンペーンマップパック:村」を買った。
開封したらバラバラになるので、梱包手段を考えなければ。

※夏の本をどうするか大詰め中。
最終的に一つになるが、書きたいネタが2つも出たのでどっちか悩むところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説は語り継がれる

レジェンドはレジェンドとしてのみ語り継がれることで、レジェンドとしての地位を保つ。
本物が降臨してしまったら阿鼻叫喚の事態になるのはどこでも一緒なんですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

「ロールプレイの向上」について

今はあまり見られなくなったが、一時期「ロールプレイを向上させよう!」と言うお題目を掲げてRPGの啓蒙を謳ったTRPGサイトが複数存在した。
それらサイトの主な目標として、「ロールプレイ技術の向上」「マスタリング技術の向上」「プレイヤーの意識やモラルの向上」などが挙げられた。
それらのサイトには掲示板もあり、「RPGの啓蒙」に志を同じくする人たちが日々熱い議論を交わしている・・・と思われた。
ところが、それらの投稿の多くは持論の展開に終始し、フォローしてくれる人がいるのならともかく、異論を掲げる人には屈服させようとする説得論が少なくなかったばかりか、揚げ足取りに言葉尻を返し、自分の気に入らないRPG論考が載っているサイトを槍玉に挙げ、自分たちの意識的優位を確認する作業に終始していたところもあった。

そもそも、「ロールプレイの向上」はTRPGのゲームに何かメリットをもたらすものなのだろうか?

一言に「ロールプレイの向上」といっても、それが何を意味するのかは人によって違う。
「キャラクターの技能や特技をいっぱい使うこと」だという人もいれば、「ゲームの質を高めるための技術を上げること」だという人もいるし、「より多く経験点を得るための話術を鍛えること」という人も、「マスターや他のプレイヤーを上手くだまくらかすこと」という人も、「より効率のいいコンボを編み出して披露すること」という人もいる訳で、狭義の「ロールプレイ向上」が何なのかを定義するには至っていない。
それから、「ロールプレイが向上した」ことによる効果は何なのだろうか?
単にゲームが面白くなるだけだろうか?
プレイヤーたちやマスターに感動を与えるのだろうか?
それとももっと大きく、「RPGももっと深く大きく遊んでもらえるためにする」ためなんでしょうか?
今回、「ロールプレイの向上」に着いて取り組んでいるいくつかのサイトを拝見したが、どれも明確な答えが出ていなかった。
要は「向上心が必要だ」ということなんでしょうか?
どなたかご教示下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

スキンを変えてみた

ほんの数日だけサッカーのスキンにしたが、どうも落ち着かないのでネイビーのスキンにした。

スキン=肌、表面、コンドーム

「ザ・ブラックオニキス」に端を発する、RPGキャラクターのスキン=表面や外観の変更は、その日のプレイヤーの気分によっていろいろと変えられることがある。
例えば、普段ファンタジーしか遊ばない人が、コンベンションで●◎●●を遊んでみる、というのも、広義のプレイスタイル=スキンの変更と言える。
かと思えば、毎回コンベンションで違うゲームの違うキャラクターを遊ぶことで、頻繁にRPGのスキンを変える人も少なくない。
しかし、スキンを変えることはできても、その内面のプレイスタイルまで変更できる人は少ない。
だから、ゲームが違っても、どんなゲームのどんなキャラクターでも、遊び方が変わらない人というのはいる。
逆に、ゲームごとにプレイスタイルを大きく変えて、でもスキンは変わらないプレイヤーというのも見てみたい。
プレイスタイルというよりはマスタリングのスタイルを変える人はいるかもしれませんねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

TRPG乙女の恋愛バイブル

先日、千葉のあるコンベンションに行ったという知人から、「TRPG乙女の恋愛バイブル」というリーフレットを入手したので、ここにご紹介。
otome

なお、諸注意として「この会報の内容で議論するのはかまいませんがネット上で批判をするのは辞めてください。今回意見を頂いた女性がそのサイトを見ると精神的に傷付く可能性がありますなんてあるのだが、批評批判されるのならどのメディアでも共通だし、大体口コミが良くてネットがダメなんて法はどこにもないのでスルーして公表する。

内容だが、サークルの代表者(男)が28歳、23歳、17歳、14歳、11歳の女性たちとクロストークをするというもの。
最初は「好きなシステムとシナリオ傾向」について。
まず●●●●●●が挙げられる。
どんなシーンでも出たがる奴や情報を集めて流さない奴の話が出る。
しかし●●●●●●では上手いGMがコントロールするのでそういうのが出にくいらしい。
同様の理由で●●●●●ー●もでる。
あと定番のソードワールド。
やはりシステムは簡単なものがいいらしい。
シナリオ傾向では、恋愛ものにはあこがれがあるようだが、それでプレイヤーに恋愛感情があると勘違いされて自宅の最寄り駅まで後をつけられたことがあるとか
あと女性はサイバーパンクものが苦手という人が多いという。
しかし、ホラーものが好きという声もあった。

次に「コンベンションにおける男性に対しての傾向」
最近の男性ゲ−マーはファッション性が出て来て、普通の人が多くなって来たというところから始まる。
昔はよれよれのワイシャツ(Tシャツの間違いか?)とかが多く、それを毎回着てくることも多かったという。
マー昔参加者に服装チェックしたり、「男は全員スーツ着用」なんてコンベンションもあったことだし、少しづつだが変化はあったんだろう。
でもまだ「何を着ていいか分からない」男性は少なくないので、どんな服装が好ましいのか女性の方から言ってくれてもいいんじゃあないか?
だがしかし、まだ女性陣に取っては男性の臭いが気になるらしい。
前日か当日にシャワーを浴びてくれば大分違うと書いてあったのだが、それだったら夏の女性参加者の化粧のにおいとか長髪の上にフケが乗っていたりするのはどうなのかと思うのだが
ちなみに、筆者は昔風邪を引いたときに和漢薬系の風邪薬を飲んだところ、そのにおいが汗に流れて方々から「風呂入ってないのか?」と言われ説明に苦労したことがある(コンベンションではないが)。
大体、臭いが気になるのならコンベンションでも消臭スプレーの一本でも用意しとけと思うが?
ファブリーズって人体に使っても有効なんだっけ?
次に「寝不足」。
「昨日全然寝てませ〜ん」ってのは敬遠されるそうだ(周りのプレイヤーの迷惑にもなるし)。
それから、昔のコンベンションではよく見られた「女性無料」。
これも女性にとっては敬遠される要素らしい。
そこまでして女性を呼びたいのかと、何となく嫌な感じがするようだ。
トークの参加者の一人は女性無料コンベンションに参加してしつこくSTUFFに勧誘されたことがあるという。
そんなことを言ったら、昔筆者の知人が開いた女装無料コンベンションとか、ゲームマスターが全員女性なのをウリにした単発コンベンション(ちなみに参加費1000円)とか、いろいろ出てくるんですが・・・
後これは知らなかったのだが、世の中のコンベンションでは「女性優先」とか言う男性ゲームマスターがいるらしい。
プレイヤーが集まったとき女性参加者を優先的にプレイヤーにするということのようだが、いくら華だからといってそうまでしてプレイヤーを集めたいのか?
理由もなく「女性優先」とか言うと逆に女の子は引くと思う。
女性マスターが女の子優先というなら分かるんですが。

最後に「男性に対しての自由意見」
コレは箇条書きで。

  • ゲーム中に凄くルール重視できつい言葉の方がいる。ルールブックしか知らない人に「ネットの書き込みでこうだったんだ!」と鬼の首を取ったように言う人

  • 人のキャラクターに注文を押し付ける人は困る。プレイヤーが女性だからキャラクターもヒロインして、とか。他にも「パーティーバランス」という名目でいろいろと他人のキャラクターに注文をつける人とか

  • ソードワールドでドワーフの戦士をやろうとしたら周りに止められて人間の女神官をやらされた。他にも男性の魔法使いをやろうとしたら16歳の魔法少女をやらされた。その時はGMにまで男性キャラクターを遊ぶことを反対された
    (『粋なゲーマー養成講座』に「資源の無駄遣いはいけない」って書いたあったよな・・・)

  • もしシナリオ的に女性が必要ならそう言ってほしい。考慮するし、男性プレイヤーが女性キャラクターをやってもいい
  • ・・・とまぁ、女の子5人の意見をまとめた内容だったんだが、はっきり言って一方的である。
    女に女の意見があるように、男にも男の意見というものがあるのだ。
    例えば、知り合いの女性プレイヤー同士で固まって同じテーブルに入るんじゃコンベンションの意味がないだろう、とか。
    こちとら、女の機嫌を取るためにコンベンションに来てんじゃないんだぞと言えるくらい、男性側からのアプローチもあってもいいんじゃないか?
    一般的に、女性から男性に向けての意見はきつくなりがちで、その逆は甘くなりやすい。
    女に言いたいだけ言わせておいていいのか?
    繰り返すが、男性側からのアプローチも望む次第であります。

    ちなみにコレ、続くらしい・・・

    | | コメント (16) | トラックバック (0)

    2006年1月18日 (水)

    短信:リプレイ直感

    このごろ(に限った話ではないが)のリプレイってのは、ゲームの初心者に配慮した書き方や進め方がされてるんだろうか?
    私が最初に読んだリプレイが「D&Dがよくわかる本」のリプレイだったもんで、リプレイには初心者に配慮した書き方がされているとばっかり思ったが、現実はそうでもないらしい。
    ●●●ー●のサプリメントでは、初心者ゲームマスターが挑戦したゲームのリプレイと、上級者同士のゲームのリプレイが一緒に掲載されているという試みがされている。
    一方、同じ制作会社の●●●●●●のリプレイでは、初心者どころか同じテーブルのプレイヤーまで突き放したプレイをして、それを読んだゲーマーがコンベンションで顰蹙を買うという被害まで出ている。
    少なくとも、「**がよくわかる本」のたぐいが絶滅した今、ゲームの初心者が副読本として読むのがリプレイしかないという現実の中では、リプレイの書き方にも初心者に配慮したやり方(例えばここでルールをこう使う、というような説明など)が増えてもいいんじゃないか、と強く思うのであります。

    | | コメント (6) | トラックバック (0)

    2006年1月16日 (月)

    「RPGの壁」考察を紹介

    回転翼様が、先日の予告通りに「RPGの壁」を取り上げて論考を披露されています。
    ネタ2つに食いついていただきまして誠にありがとうございます!
    ぜひとも本書の元ネタ「バカの壁」をご一読下さい!!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年1月 9日 (月)

    「RPGの壁」委託販売開始

    2005年冬コミの同人作品「RPGの壁」が、プレイスペース広島様で委託販売をはじめました。
    毎回好評をいただいているとのことで、今回も30部の少部数の委託ですのでご希望の方はお早めに注文頂ければと思います。
    ちなみに紹介文にあります「かなりトゲがありますので〜」の下りは、PS広島様の前回の使い回しです。
    作ってる側としてはそんなにトゲがあるとは思っておりませんので、どうかご安心ください。
    152ページの大ボリュームなのでゆっくりお読み頂ければ幸いです。
    ご注文心よりお待ち申し上げます。

    尚以前も書きましたが「TRPG悪魔の辞典FINAL」は完売いたしました。
    再販も考えたんですが店長に止められました。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年1月 5日 (木)

    レアアイテム「初心者の女の子」

    何かと閉鎖的になりがちなTRPGサークルやコンベンションでは、新しいプレイヤーの確保が重要とされています。
    特に、女性プレイヤーを確保したいのはどこも同じです。
    普段男しかいないプレイスペースに女性が入ると、それだけで会話の機会や音量が飛躍的に増大し、テーブルが一挙に華やかになっていきます。
    TRPGの経験がある女性プレイヤーならもちろんOKですが、これが「TRPGの初心者な女性」となると、これはもうどこのコンベンションも喉から手が出るほど欲しい逸材となります。
    まず女性というだけで歓迎されますし、TRPGの初心者となると、これからいろんなゲームを遊んでくれるという期待、他の女性プレイヤーを連れて来てくれるという期待(経験上、初心者の女性が一人でコンベンションに来るということは滅多にありません)、そして何より重要なのが、その女性がコンベンションに定着してくれて、彼女目当てにコンベンションの参加者が増えるんじゃないかという男性心理を突く期待をもかけられるのです。
    初心者の女性をなんとか確保するため、女性プレイヤーが多いと言われているシステム、例えば定番のソードワールド、最近だとウィッチクエストや●●●●●●●●●●●のマスターを用意する、ということも恒常的に行われてきました。

    で、幸運にも初心者の女性がコンベンションにやって来たとします。
    これをご覧の女性の皆さんは、彼女がどう扱われるのか?心配されるかもしれませんが、実際の所意外に普通です。
    そりゃ周囲の男性参加者の注目の的になるのは仕方のないことではありますが、それさえ気にならなければ至って普通に扱われます。
    視線が気になるという場合は、女の子複数人で来るか、彼氏や旦那を連れてくればもう大丈夫です。
    なぜこういうことが言えるのかと言いますと、コンベンションにとっても、プレイヤーにもマスターにも、女性、特に初心者の女性は貴重な存在だからです。
    その女性参加者に何かあった場合、ゲームマスターやプレイヤーの評判はガタ落ちしますし、ひいてはコンベンションの評判にも関わります。
    (例えば、ホラーシナリオの結末で女性プレイヤーが泣き出してしまった場合、シナリオの内容如何に関わらず、そのマスターは「コンベンションで女を泣かせた極悪ゲームマスター」と呼ばれることになります。)
    そのため、周囲の男性諸氏に「女性を守ろう」=「女の子がいることの喜びを共有しよう」という気持ちが出てきます。
    だから、よほどの変質者でもない限り、コンベンションでは女性参加者は大事に扱われます。
    コンベンションのSTUFFに女性がいると、より安全なのは言うまでもありません。

    実はコレは5〜6年くらい前のことなのですが、これが現在のTRPGコンベンションでも立派に通用しているのですな。
    安定したというか定着(停滞?)というか。
    それに、「初心者の女性」もいきなりコンベンションでTRPGを始めるということはありませんし、リプレイとか読んでそれなりに遊び方を覚えて来ているので(そのリプレイがプレイの補助になっていれば、の話)、昔のように見知らぬ男が手取り足取り開発してしまうということもなくなりました。

    それでも、コンベンションというのは閉鎖空間に人間が密集(それも男ばっか)するので、そーゆー環境が苦手な女性にはまだまだ辛い環境なんでしょうかねぇ。
    だから、まだまだ「初心者の女性」はコンベンションにとっては「金の卵」だったりします。

    | | コメント (5) | トラックバック (0)

    2006年1月 4日 (水)

    今年1発目

    年末年始に何をやっていたか・・・

    12/31
    コミケの翌日。
    30日の売り上げを信金に納めにいく。
    12月の給料も出ていたので、結構な金額になった。
    全部は入金せずに5万ほど残す。
    近くのコジマに向かい、かねてよりの念願であったPCデスクとチェアー、そしてiPod(白30GB)を購入。
    机といすは配送ということにして、iPodは持ち帰り。
    iPodのパッケージが薄くなっているのには驚いた。
    昔のは立方体の箱入りだったのに?
    店員様曰く「ACアダプターが別売りになった」からだそうだ。
    家に帰る前に港北ニュータウンに寄り道してWCCFを10クレほど。
    ・・・なかなかタイトルが取れない。
    U-5Rでも勝てないものは勝てないんだな。
    スッゲー損した気分になって帰宅。
    早速iPodをご開帳。
    ・・・薄いとは聞いていたがこれほどまで薄いとは。
    nanoはもっと薄いのか?
    本体の他に、インストールCDとイヤホン、Dockアダプター、簡単な説明書、USBコネクター、ソフトカバー、そしてどこに貼ればいいんじゃーという大きさのAppleシールが付属している。
    とりあえずイヤホンはインナーイヤー型なので使わない(耳にあわないんです)。
    早速接続・・・の前にインストールCDをeMacに挿入。
    インストール完了後にiPodを接続。
    おぉ・・・
    iTunesの曲が見る間に転送されていく。
    これは凄い。
    3時間ほど充電している間に紅白歌合戦を鑑賞。
    あー、一青窈様は今年も「ハナミズキ」ですか?
    せめて今年の「影踏み」にすれば良かったのに。
    何でも視聴者投票で高位にランクインしたからだそうだが、このままだと毎年ハナミズキを歌うことになりますよ?
    新年を迎えたところで寝る。

    1/1
    初詣は毎年伊勢原の大山阿夫利神社と決めている。
    いつもバイクで行っているのだが、去年から電車とバスにした。
    今年も梶が谷駅から向ケ丘遊園駅までバス、そこから小田急で伊勢原まで、更に大山ケーブルまでバスという行程。
    昨日買ったiPodが早速大活躍。
    自分に好きな音楽をどこでも(しかも小さく)持ち歩けるというのがうれしい。
    下社で交通安全のお守りを買って帰宅。

    1/2
    起床後朝食も取らずに川崎へ。
    川崎のTOHOシネマズで映画「超星艦隊セイザーX」を鑑賞。
    その前座にやっていたムシキングの映画がつまらん。
    外に出ると雨が降っていた。
    しかし多少の雨なのでそのまま川崎大師へ。
    参道とか境内で唐揚げとかお好み焼きとかドネルケバブとか食す。
    ここでも交通安全のお守りを買う。
    雨が強くなってきたので金山神社を参拝するのをあきらめる。
    電車を乗り継いで大井町の鉄道模型店へ。
    頂いた年賀状の番号で景品がもらえるということで、タオルとか精密ドライバーとかあったものの、自分がもらったのは剣玉。
    なんだかなぁ。
    帰宅後、黒猫が机といすを届けてきたので早速組み立てる。
    随分とPC周りがすっきりした感じ。
    据え付け完了後、部屋の奥にあった昔のCDを引っ張りだし、片っ端からiTunesに仕込んでiPodに転送。
    600曲ほど入れたのにまだ2.5Gbも使ってない。
    すげえ。

    1/3
    綱島で今年初めてのWCCF。
    開店直後とあって他にプレイヤーがおらず、ようやくタイトルを一つ獲得。
    一つ取っただけなのに監督オファーが来る。
    まだ30試合も消化していないので、うれしいのだが断る。
    その後鶴見の鉄道模型店に。
    部品を一つ買って終わりのはずだったが、新製品でキリンビールの貨車とか農協の貨車とかあってすんげー心引かれる。
    久しく貨車は買ってないなー、と思ったが4両で5800円とあってちょっとためらう。
    1両1400円は貨車にしては高くないか?
    でも結局農協の貨車を買う。
    帰宅後、年末年始の疲れがたまっていたのか、早々に眠くなったので寝る。

    ・・・という訳で、年末年始はTRPGのことなどな〜んも考えてなかったのでした。
    今日はMacのメモリーを買ったし。
    そんなんでよければ、今年もどうかよろしくお願い申し上げます。

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    « 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »