« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

特2号作戦終了

取り急ぎご報告を。
コミックマーケット69で当方のブースにおいでいただきました皆様、誠にありがとうございました。
新刊「RPGの壁」が好評をいただきました。
まーあんな分厚くて難解な本ですが、正月にゆっくり読んでいただければ幸いです。
また「TRPG悪魔の辞典FINAL」が完売いたしました。
多めに発注したんですが、それでもコミケ2回で売り切れたのは久しぶりです。
お名前を出して良い方を申し上げると、広島から来た伊藤店長、ササキ様のユニフォームを着た五月風れあん様、長野から来た伊豆の振り子様、予想外の風貌で内心驚いた回転翼様などもおいでいただきました。
皆様のお陰で、新刊の印刷費を回収することができました。
「RPGの壁」は年明けに店舗委託に出しますので、ご来場できなかった方も入手いただけると思います。
次回は3/26のゲームマーケット2006に参戦予定です。

来年もどうかご愛顧のほどを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

間もなく出撃

あと5分ほどでコミケに出撃します。
昨日ちょっとした販促物を見つけたんでテーブルクロスに使います。
戦友諸君、開場で待っているぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

言いたくても言えないこと

昨日、コンベンションでD&D3.0のプレイヤーをしました。
で、そのときDMが持っていたのが冒険シナリオシリーズ1「地底の城塞」だったんです。
GM紹介のときに「地底の城塞」と言っていたから予感はしていたものの・・・
さぁ困った。
俺はこのシナリオ持ってるんだよなぁ。
一通り読んで中身も知っている。
これは他のプレイヤーのサポートに回るしかない。
まさに「言いたくても言えない」状況になったのであります。
パーティーは人間のファイター、人間のクレリック(私)、人間のローグ、そしてエルフのバードでありました。
グレイホークのオークハースト砦を出発し、ブラフォード卿の一行を救出に、地底の城塞に向かう一行。
ローグとファイターが先を進んで行くのですが、ここでDMは墓場のフロアモデルを出して、「コボルドが死んでいる」とかいろいろな(本来のシナリオには書いていない)シチュエーションを連発してきました。
しかし、シナリオのキモであるところは奥にいるゴブリンリーダーを捕えたところで終わり、幽閉されていたブラフォード卿を救出して終了。
コボルドのペットが大暴れすることもありませんでした。
というわけで、DM氏は既存のシナリオを大幅に書き換え、コンベンションでも遊べるようにコンパクトにしていたのでした。
でも要所要所はシナリオのまんまだったりちょっといじっていたりと、「コレはこうすればいいんだよ」と言えずにウズウズしていたのは事実であります。
こういう時ってありませんか?
特にルールブックに付属しているシナリオを遊んでいる時とか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

完売御礼

師走の折、何かと忙しいので駆け足気味に。
夏の同人作品「TRPG悪魔の辞典FINAL」は誠に好評(荒評)を頂きました。
おかげさまで、プレイスペース広島様に委託販売をお願いした分は完売いたしました。
ご注文いただきました皆様、誠にありがとうございました。
テーブルトークカフェ・Daydream様にお預けさせている分も残部少らしいです。
当方の残りの在庫は冬コミとゲームマーケット2006で直接頒布いたします。
お出かけの際はどうかお立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

冒険の食卓

ファンタジーRPGで、冒険者のキャラクターたちが冒険中に何と食べていたのかって考えたことがありますか?
たいていのルールブックには「通常食」と「保存食」くらいしかありませんよね。
じゃあ通常食と保存食の違いって?
缶詰もない時代にないを保存していたんでしょうか?
D&D(ルールサイクロペディア)には堅いパン、干し肉、木の実とか説明があります。
それでも足りないときは?
そう、狩りです。
食べられる植物や果実、鳥、動物などを探して採ってきて、焼いて食べます。
生では食べられない肉類も、焼いて香辛料をかければなんとか食べられるものらしいです。
例えばサボテンのステーキ、マムシの開きetc...
一番いいのは戦いが終わった後の戦場に行くことです。
至る所に肉が転がってますから、馬の死体から肉を採って焼いて食えばかなりのボリュームになります。
たとえ人間だろうがゴブリンがろうがエルフだろうが、焼いて香辛料かければ食えないことはないのですよコレが。
minus01
本当に飢えた動物ってのは、食材の選択なんかしていられませんのです。
そんな意味でも、冒険者ってのはキレイな稼業じゃないってことです。
ちなみに、冒険者の普段の食事ってのも、ゲームによってことさら違うので、調べてみると面白いんじゃないかと思います。
D&Dのように「焼いたカブ、タマネギ、水」だったり、フォーチュン・クエストのようにてんこもりだったりと・・・

| | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »