« 全部捨てたら未来だけ残る | トップページ | FEAR作品タイトルの表記について »

2005年10月14日 (金)

筋力と器用度

ファンタジーRPGの中には、接近戦武器を命中させるのに、基本的に筋力を使うか、基本的に器用度を使うものがありますよね。
前者はD&D、後者はソードワールドや●●●●●などが代表例です。
冷静に考えると、武器によって使い方が違うものですから、一つの能力値だけで判定させるのにはちょっと無理がある武器もちらほらと・・・
筋力任せにレイピアを扱ったらすぐ折れるだろうし、必要筋力24のグレートソードを器用に命中させることはかなり難しい。
しかし、それがルールなのだから、きっとアレクラストにあるグレートソードは筋力よりも器用度が要求される武器なんでしょうなぁ。
ちなみにD&D3rdでは武器の妙技という特技があって、これを持てば、レイピアなどの軽い武器を筋力ボーナスではなくて敏捷性ボーナスで命中判定できる。
面白いのは「無限のファンタジア」で、キャラクターの能力値が「体」「技」「心」しかないこのゲームでは、基本的な武器は「体」でも「技」でも命中判定が行える(「心」攻撃力が1以上あれば「心」攻撃もできる)。
ただ、武器によって使う能力値を分けると、システム的に煩雑になるので、取り入れられているゲームは少ないなぁー・・・と思ったのでした。

|

« 全部捨てたら未来だけ残る | トップページ | FEAR作品タイトルの表記について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124829/6399411

この記事へのトラックバック一覧です: 筋力と器用度:

« 全部捨てたら未来だけ残る | トップページ | FEAR作品タイトルの表記について »