« 伝説というのは恐ろしいもので | トップページ | 発言小町(読売新聞) »

2005年9月28日 (水)

ブレーキは大人になってから

PLを信用しないGM

プレイヤーとマスター、もしくはプレイヤー同士の腹の探り合いというシチュエーションが発生しやすいシナリオというか、システムは限られてくる。
キャラクターそれぞれに「生きるスタイル」が違っていて、それを全うさせようとするのが「ロールプレイの目的」であるシステム(ex.深淵・●ー●ー●◎●●)などの場合、シナリオの目標よりもキャラクター個人の目標を優先させようとするプレイヤーがいる場合がある(比較的多い、というレベルで、他のシステムでもいないことはない)。
その場合、プレイヤーとマスター(もしくは他のプレイヤー)との情報戦と言うかネタの出し合い、腹の探り合いが会話やロールプレイによって行われることになる。
しかーし、ここで注意しなければ行けないのは、あくまでプレイヤー同士の腹の探り合いではない、ということ。
ディプロマシーだとか戦国大名のようにプレイヤーの思惑が見え隠れしないように戦略を立てていくのも、実は各プレイヤー間、もしくはプレイヤーとマスターの信頼関係があってのことである。

ところが、(特にコンベンションで多いようなのだが・・・)プレイヤーを信用しないゲームマスターというのは実在して、例えばプレイヤーが完成させたキャラクターを検分し(それはよくあることなのだが)、そのキャラクターシートのコピーを取ってマスターがゲーム中に保管していたり、行動判定のサイコロをプレイヤーが振る時に、マスターが「俺のサイコロを使え」と強要したり、ひどいときにはプレイヤー全員の本名と住所を把握させるマスターもいるくらいである。
さすがに最近はこーゆーマスターも見なくなったが、ほんの10ン年前、ソードワールド全盛期で「右翼」ゲーマーがあちこちで見られていたときにはソーユー人もいたんですよ・・・

|

« 伝説というのは恐ろしいもので | トップページ | 発言小町(読売新聞) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124829/6161786

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキは大人になってから:

« 伝説というのは恐ろしいもので | トップページ | 発言小町(読売新聞) »