« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

アレ?

昨日のDACの記事のリンクがうまく行っていないらしい。
相手方にはちゃんとトラックバックされてるんですけどねぇ。
やっぱりSafariか?
Safariがいけないのか!?

| | トラックバック (0)

2005年8月30日 (火)

DACの課題

http://blog.drecom.jp/ddlog/archive/319
http://blog.drecom.jp/ddlog/archive/320

DAC、というかD&D3rd&3.5全体の問題点として、「若いゲーマーが育たない」というのがあると思う。
この原因は、もうこれは仕方ないんだけど、D&Dを遊ぶための絶対価格が高い、ということです。
プレイヤーズ・ハンドブック1冊6090円也では、高校生がバイトで2日3日がんばってひねり出てくる値段である。
どんなにgameぎゃざで初心者向けの入門記事を載せたとしても、1冊756円のソードワールドRPGベーシックに比べると、格段にイニシャルコストが高い。
一方、関連商品、例えば小説は低年齢層にも売れている。(Azumaの宝石箱:8/29)
このギャップを埋める「何か」が、まだ足りない。
D&Dはベーシックセットの発売で価格面の敷居を下げる努力をした(発売したてなので結果は?)
でも、まだまだ何か足りない。
低年齢層のプレイヤーやビギナーを増やすための何かが。

| | トラックバック (1)

あなたは、いつから苦しいのですか?

あなたは、いつから苦しいのですか?

3年前から苦しんでます。
寂しい。
悲しい。
今はもうないけど、時折、情けなくて死にたくなる。

俺やアノサイトのアノ人のように、自分がうつ病だと公言しているゲーマーは少ない。
というか、できない。
でも、自分の周りにはこの病気で苦しんでいる人が結構いる。
それに気づいてあげられる人が、決定的に少ない。
知識がまだ十分に浸透していない。
だから、最悪の結果になることもある。

あなたは、いつから苦しいのですか?
とりあえずNHKとUTU-NETとこころのくすり箱に行け。読め。


| | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

初めて

DACは企画も初めてなら、STUFFも初めて
こーゆー「手作り感」は大事にしたいものであります。

| | トラックバック (0)

2005年8月28日 (日)

DACに行ってきました

このブログも結構いろんな皆様がご覧になっているようで、まだアクセストラッキングは入れてないんですが、TRPG系サーチに新規登録されているみたいでありがたいことです。
唯一難点と言えば、記事の投稿にわざわざFirefoxを起動しなければ行かないということかな?
NIFTYが「Safariじゃ動作は保証しねーぞ」つってんだもん。

さて、本日D&D翻訳20周年記念コンベンションに行って参りました。
ハイライフプラザいたばし
場所はJR赤羽線の板橋駅よりすぐ。
自分は予約を入れることができなかったので、予約参加者から先に入場ということに。
企画卓を含め、全部で20弱のテーブルが用意され、既に予約で満杯のテーブルもあった。
クラシック、AD&D1stもあったが、やはりメインは3.5であった。
このうち、自分は3.5の3レベルパーティーのテーブルに入ることに。
dac02
パーティーは人間のファイター、ハーフエルフのクレリック、エルフのウィザード、人間のローグ、人間のレンジャー(得意な敵はもちろんオーク)、人間のパラディンのプレロールドキャラクタ−6人。
シナリオは、フォーゴトンレルム北方のどこかで、村がオークの集団に襲われているので助けにいくというものであった。
最初は村の入り口で人質を取ったオークたちを殲滅。
次に、村に侵入してくるオークのスペルキャスターやリーダーを迎え撃つのだが、惜しくも逃げられる。
さいごは、村人を別の町に移動させる途中で、オークリーダーたちが仕返しにやってきたところを殲滅するというものだった。
dac03

なんかオークよりペットの犬(ダイアウルフ)が強かったり、クリティカルでクレリックが死にかけたり、オークリーダーにグリース(油を塗る呪文)をかけて転倒させたりとなかなか面白い戦術が見られました。
自分?
ローグだったんで、ひたすらショートボウの精密射撃してました。

閉会式では、参加者に対して大判振る舞いのプレゼント抽選会が開かれた。
dac04
中には、ホビージャパンやアスキーからのものもあったり。
(ちなみに参加者全員に、フォーゴトンレルムPCゲームのカラーファイルが配られている)
ここで、自分のテーブルの真向かいに座っていた方が、なんとホビージャパンの営業の方だったことが判明。
さぞかし苦労されてるんでしょうなぁおかげさまでD&Dの日本語展開も順調に進んでいるとのこと。
dac05
で、プレゼントにはベーシックゲーム英語版と日本語版、ミニチュア、宝箱、PCゲームフルセット、小説などなどが提供された。
この後池袋で打ち上げなのだが、自分は金がないので帰ることに。

D&D3.5のプレイヤーをやる機会というのは意外と少ないので、こういうコンベンションがあるのはスッゲー貴重だと思うんです。
来年もやるらしいので、機会があれば皆様もどうぞ。

| | トラックバック (0)

TRPGをやめる時

TRPGを手放さなきゃいけない事情ってのは人それぞれなんでしょうけど、こーゆー事情ってのは悲しすぎるよなぁ。
何ですかね、「自分はいいことをしている」と思い込んでいる奴ってのはどこにでもいるんだろうけども。

| | トラックバック (1)

2005年8月26日 (金)

委託販売始めました

「TRPG悪魔の辞典FINAL」を、プレイスペース広島様で委託販売させていただくことになりました。
1冊945円+送料と少しお高くなっておりますが、店舗側の手間賃とお考えいただければ幸いです。
当方での直接の通販は行いませんので、委託通販をご利用ください。
trpgakumanojiten
ところで、ここの伊藤店長はすごい方です。
コミケとかゲームマーケットに毎回のごとく訪れ、新刊を置かせてくださいとお願いしてきます。
すげーよ、アンタ本物だよ!

実は、もう一件委託をお願いしようとしている店があるんですが、メール送っても何の返事もない。
いったいどうなってるんですか槙村さん?

という訳で、委託販売のご利用お待ち申し上げております。

| | トラックバック (0)

Zガンダム

東京MXTVで放送してました。
ちょうどジャミトフが暗殺される回でした。

| | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

D&Dベーシックゲーム

先日買ったD&Dベーシックゲームを早速コンベンションへ持っていく。
このコンベンションでは他にもクラシックD&Dのマスターが2人出てきたが、残念ながら一人不成立。
当方は無事に4人のプレイヤーを確保する。

ゲームの説明は非常に簡単。
キャラクターを見せて説明して選んでもらい、キャラクターシートに書いてあることを説明するだけ。
あと、上級ルールブックから抜き取った入門ルールを見てもらう。
その間にマスターは「最初の冒険の書」を読んでおく、と言った具合。
両面印刷のフロアマップのうち1枚を広げ、初期地点にキャラクターのミニチュアを置いたらゲームスタート。
最初の冒険は非常に簡単で、戦闘と●●●を覚えてもらう。
そして最初の冒険が終了。
ダンジョンのその先に進むには、上級ルールブックに書いてある説明を使う。
部屋を移動するごとにミニチュアを動かし、マップを広げていく。
こうして、プレイヤーもマスターも「ダンジョンを探検している」という気分にさせてくれる。
戦って傷ついては町に戻り、宝物を持って帰り、罠を発動させては・・・と言うことを合計4回繰り返した。
その度に経験点を計算すると、最後の戦闘の前にレベルアップすることになる(ただし、●●の●●●・●●・●●ー●●●●を発動させる必要がある)。
得た宝物と財産でスクロールやポーションをしこたま買い込んで、PCは最後の戦闘に。
(以下略)
前衛のキャラクターは一人は気絶するかと思ってんだけど、全員無事生還。

今回、D&D3rdが初めてというプレイヤーが2人いたんだが、その人たちにも楽しんでもらえた。
プレイヤー全員に満足していただいた。
プレイ時間を1時間半ほど残して終了。
ルールが分かりやすく、見た目にも楽しく、なおかつ遊びやすいという大きな特徴を持つD&Dベーシックセット。
D&Dを知らない世代にこそ遊んでほしい一品であります。

| | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

夏コミ作戦報告

8/12のコミックマーケット68にサークル参加してきました。

当日は3:30起床。
ゆっくり仕度を整えて4:20に出発。
既に販売物はペリカンで先送りしているので、持参する荷物はリュックとサイドバッグ、そして台車(笑)。
途中の牛丼屋で朝食。
4:50に梶が谷駅に到着。
ここで鷺沼5:00発の大井町行き始発に乗れば、大井町で大崎5:40発のりんかい線始発に乗れるとあって、車内は大にぎわいであった。
国際展示場駅に6:00前に到着。
出発時から雨が降っていたが、空が明るくなるにつれて雨がやんできた。
7:00入場、7:30に西2ホール入り。
自分のスペースに来たときに見えたには、机の下に置かれた、新刊の入った段ボール5箱!
それがなぜか隣のサークルのところにある!
うーむ。
ペリカン便の荷物を台車で引き取り、テーブルクロスを敷いて準備をする。
8:00過ぎ、売り子A(新婚)がやってくる。
コスプレのための荷物をスーツケースいっぱいに持ってきた。
本当ならもう一人売り子Bが来るはずなのだが、メールをチェックしてみる。
「今東京駅にいます。サークル入場チケットを忘れてきてしまいました。一般で並びます」
オーノー。
売り子Aはコスプレのため更衣室に出てしまうので、急遽知人のPSOサークルから売り子様を借りてくることに。
携帯で呼び出して、K氏がやってきた。
DSCF0236

いよいよ開場。
早速新刊を求める人がやってくる。
本渡しと金銭収受はK氏に任せ、私はスペースの横で売り上げ記録を行う。
30分後。
予想よりも早く売り子Bが到着。
K氏に丁寧にお礼を言って、売り子交代。
「こんなに忙しいとは思いませんでした」(K氏)
11:30、売り子Aがコスプレ姿で戻ってくる。
何でも胸元で3回STUFFに止められて、こんなに時間がかかったらしい。
3人集まったので、自分は昼食をかねて東地区を回ってくる。
東地区に2サークルほど知り合いがいるので、挨拶回り。
その後、昼食にカレーを食す。
30分ほどして自分のブースに戻ってくると、既刊の一つが売り切れていた。
が、もう一つの既刊も売り切れということになっていた。
出て行く前にちゃんと「これはこの箱の中にあるよ」って言ったのに・・・
急いで去年の本を箱から出す。
今回も多くの方からご挨拶をいただいた。
プレイスペース広島の店長、神山夫妻、紫ノ田薫様、五月風れあん様、@蘇芳様、榊原遥子様、東涙香様、その他大勢の皆様・・・どうもありがとうございました。

15:45に撤収準備に入る。
新刊の売れ行きは200部超。
既刊の売れ行きも良好。
売り上げを計算すると、XX万円。
俺の一ヶ月の給料の1.5倍!
新刊の印刷費の回収に成功。
そして閉会。
箱3つ+台車を黒猫に載せて、撤収。
売り子Aが宿を神保町に取っているので、なんとか移動ルートを考える。
すると、国際展示場駅前に止まっていたのが秋葉原直行バス。
しかもメイドさんと飲み物付き。
それで1000円はちと高いかと思ったが、荷物が多いので結局乗ることに。
DSCF0238

レインボーブリッジを通って秋葉原まで30分・・・のはずだったが、途中の事故渋滞で1時間以上かかった。
ビデオもつまんなかったし退屈なことこの上ない。
秋葉原に到着後、今度はタクシーで神保町へ。
神保町のすずらん通りにあるホテルで売り子Aが荷物を置いて軽装になる。
これで終わりと思いきや、新宿のオカダヤでコスプレ衣装の補修用の布が買いたいと言い出した。
こっちゃ荷物が重いんですが・・・
結局池袋のキンカ堂ということになり、売り子Aが布を購入。
その後、大戸屋で夕食。
売り子Aはこの後お茶の水の銭湯に行くと言っていたが、眠そうにしていたので帰って寝ろという。
そして池袋で解散。

気力充実、万全の態勢で臨んだ今回の夏コミだったが、いつも予想もしないことが起こる。
それを楽しむという余裕が持てればいいのだが、まだそこまでは回復していない。
ともあれ、無事に終了して良かった。
当日ご来場いただき、本をお求めいただいた皆様、誠にありがとうございました。

| | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

D&Dベーシック・セット

basic_01
昨日買ってきました。
今回は溝の口のイエローサブマリンにも置いてあったので、川崎まで行かずに済んでよかった良かった。
詳細は公式カルシィ村へようこそ!-Neverwinter Nightsをご覧いただくとして、この箱の厚さは何だ。
何のことはない、ミニチュアを収容するケースがでかいだけなんですが、これだけでも中身の充実ぶりが伺えるというもの。
すぐに遊べるキャラクターシートが4枚(ヒット・ポイントを記録するのにメモ用紙が必要かもしれない)、上級ルールではキャラクターを自作するルールも載っています。
箱には2人から5人向けと書いてありますが、付属シナリオを最後まで遊ぶのには5人は必要かもしれない。(ちなみにWizardsの"What is D&D?"では2人で遊んでいる)
しかしヒーローのミニチュアは4体しかないので、他をあのランダムD&Dミニチュアから持ってくることが推奨されている。
あと、途中でレベルアップの作業が必要だとも感じた。
ルール自体は3.5をベースにかなり簡略化したものなので、RPGを知らなくても容易に楽しめると思う。

週末のコンベンションにマスターで持っていくか。

| | トラックバック (1)

2005年8月15日 (月)

うしゃぎ

ちあふる・きっずのみかきみかこ様御制作のキャラクター「うしゃぎ」。
夏コミでマグカップが売られていたが、その前にもぐい飲みやタンブラーが発売されていた(といってもあくまで同人グッズですが)。
05081501
3種類そろったので記念撮影。

| | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

ありがとうございました!

コミックマーケットでは多数の皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました!!
「TRPG悪魔の辞典FINAL」おかげさまで大好評でした!
詳細は後日書きますが、まずはこの場を借りて御礼申し上げます。

| | トラックバック (0)

売り子がぁ〜

売り子の一人がサークル入場チケット忘れてきました。
う〜。
緊急にPSOのサークル様から売り子を借りてきました。
オーノー。

| | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

またありました

コミケ会場もより駅のりんかい線国際展示場駅。
今回もありました「無限のファンタジア」の駅広告。
081101
今回はちょっと控えめ。
まぁTRPGじゃなくてPBWのほうですがね。

そういや、トミーウォーカーっていつの間にか株式会社になってたのね。081102

| | トラックバック (0)

設営終了

コミケの前日設営が無事終了。
いっぱい汗をかいて疲れたけど、コレがなきゃ夏コミの気分じゃない。
気力十分で明日に臨むのだ。

| | トラックバック (0)

2005年8月10日 (水)

デジカメ

さっきの画像をデジカメで撮るとこんな感じ。DSCF0233

| | トラックバック (0)

書店にて

横浜市港北区綱島の書店にて。
DSCF0231x


ゲーム本の棚にWorld of DarknessとかGURPSユエルとか●●●ー●ffとか置いてあったので思わず撮影。
Role&Rollも縛ってなかったので立ち読みできました。
良かった良かった。
この後、もちろん買いましたよ。
「ゴーマニズム宣言special靖國論」。

| | トラックバック (0)

もう一枚

型が古いので画素が荒い…050810_1957001.png

| | トラックバック (0)

テスト

携帯から書き込んでみる。
夏なので涼しく除雪機関車。050810_1951001.jpg

| | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

すげー!

http://kaela.jugem.jp/trackback/136
木村カエラ様とTARAKO様がツーショットしてるよ!
予想だにしていなかったカップリングだぁ。
TARAKO様も新曲出さなくて数年経ってるので新しいアルバム出してくれんかなぁ。

| | トラックバック (0)

Applestore渋谷

Applestore渋谷オープン!
という訳で早速見に行ってきた・・・んですが、到着が9時30分ということもあって、公園通りは長蛇の列!
渋谷区役所前を左折して国立代々木競技場沿いに並んだのは2000人オーバー!
酷暑の行列とあって行列に飲み物を売る人も出てきたり、Appleからペットボトルの差し入れもありました。
2時間くらい待って、午後の用事があるのでTシャツとスクラッチカードをあきらめることに。
なんか悔しいので正面だけ撮っていく。
appleshibuya

これで秋葉原に行かなくても済むようになったな。
ありがとうスティーブ!

| | トラックバック (0)

2005年8月 3日 (水)

ATS要設置のカーブ、49鉄道の2865カ所 国交省

http://www.asahi.com/national/update/0802/TKY200508020369.html
えー、基本的にATSは赤信号で列車を止めるための装置なので、速度制限とかの機能は付加価値にすぎないんですが・・・
ちなみに大手私鉄の中で東急が飛び抜けて多いのは、危険なカーブが多いという訳ではなく、設置基準が他社より厳しくしたためであります。
1986年に9000系が横浜駅で脱線事故を起こしたのがきっかけで、多くのカーブに脱線防止のためのガードレールを設置したりしております。
毎日新聞には「東急の大半はATCで対応する」と書いてありました。
ということは、ATCを使っている東横線だったり田園都市線だったり目黒線だったりする訳ですね。
ATCは速度信号になっていて、走っている列車が信号の速度を超えると自動的に速度を下げるようになっています。
そんな訳で、あまり気にする必要もないかと。
しかし京王とか小田急ってなんであんなに少ないのかね。

| | トラックバック (1)

サドとかマゾとか

プレイヤーはマゾだそうですが、多分サドでもあると思う。
だって命中判定とかダメージ出すときとかみんな笑って喜んでるじゃないですか!
マスターはその度合いが大きい訳ですな。

| | トラックバック (1)

個人情報

良くコンベンションで、参加者に住所氏名を書かせるところってありますよね。
コンベンションの主催サークルは、その名簿を何に使っているか、お分かりでしょうか?
大方のサークルは、「緊急時の連絡先に使用します」と言っていますが、はたして、本当にそれだけなのでしょうか!?
参加者の住所氏名は、明確な個人情報です。
個人情報を誰かに提供するということは、当然それなりにリスクを追う覚悟がなければいけません。
たとえそれが、親密な友人同士のサークルであっても。
いや、親密だからこそ、その親密さにつけ込んで個人情報を使われる可能性だってある訳です。

例えば、女性の住所だけ抜き出して次回の案内状を送ったりするのはまだかわいい方で、差出人不明の手紙が届いたので開けてみたら、怪しげな魔法陣が入っていて数日寝込むことになったり。
住所から電話番号を調べて、夜中に無言電話をかけたり。
下着泥棒に入ったり。
PBM会社に「資料請求」と嘘情報を流して、身に覚えのないダイレクトメールが送りつけられてきたり。
次の例会に来てみたら他の参加者(男)がみんな顔を知っていて馴れ馴れしくしてきたり、「女だったら女らしくロールプレイしろ」とか「ビキニを着た女エルフをやれ」とか言われたりetc...
以上すべて実話。
で、これがサークルの話だけかと思いきや、企業も企業で、テラネッツになる前のコスモエンジニアリングはRPGマガジンの読者告知コーナーに乗っていた連絡先を収集してメイルトークRPGの宣伝をしろと手紙を送りつけたことがあったり、昔のJGCの参加者情報をやのまんが利用してカードゲームのDMを送りつけてきたりしました。
同人界では、ストーカーまがいのつきまといとかが問題になっていることもあって、同人誌の奥付に書く連絡先を郵便局留とか私書箱とかe-mail(それも使い捨ての)にしていることが少なくありません。
が、コンベンションでは、名簿を会場管理者に提出しなければならないことも少なくなく、ウソを書くことが非常に難しい状況にあります。
どうしたら、参加者個人が自分の個人情報を保護することができるのでしょうか?
これにはまだ明確な答えが出ていません。
ただ一つ言えるのは、コンベンションの参加者は、主催者に参加費と一緒に個人情報も売り渡しているということです。

| | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »