« あなたは、いつから苦しいのですか? | トップページ | アレ? »

2005年8月30日 (火)

DACの課題

http://blog.drecom.jp/ddlog/archive/319
http://blog.drecom.jp/ddlog/archive/320

DAC、というかD&D3rd&3.5全体の問題点として、「若いゲーマーが育たない」というのがあると思う。
この原因は、もうこれは仕方ないんだけど、D&Dを遊ぶための絶対価格が高い、ということです。
プレイヤーズ・ハンドブック1冊6090円也では、高校生がバイトで2日3日がんばってひねり出てくる値段である。
どんなにgameぎゃざで初心者向けの入門記事を載せたとしても、1冊756円のソードワールドRPGベーシックに比べると、格段にイニシャルコストが高い。
一方、関連商品、例えば小説は低年齢層にも売れている。(Azumaの宝石箱:8/29)
このギャップを埋める「何か」が、まだ足りない。
D&Dはベーシックセットの発売で価格面の敷居を下げる努力をした(発売したてなので結果は?)
でも、まだまだ何か足りない。
低年齢層のプレイヤーやビギナーを増やすための何かが。

|

« あなたは、いつから苦しいのですか? | トップページ | アレ? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124829/5713790

この記事へのトラックバック一覧です: DACの課題:

» 現状のうれい [卓上冒険団]
DAC主催者とお話をさせていただいたが、プレイヤーの増加よりも やはり~ダンジョン マスターの増加がきわめて少ないのである。 プレイヤーよりも致命的な負担の大きさ。 プレイヤーはJGCとコンフリクトしなければ~プレイヤーの年齢層と男女構成比は かなり違っ...... [続きを読む]

受信: 2005年9月 4日 (日) 07時57分

« あなたは、いつから苦しいのですか? | トップページ | アレ? »